協会の案内

業務案内≫測量に関する業務

●用地取得測量業務の御案内


1.用地取得測量
 用地取得業務は、資料調査から始まり境界立会、境界標識の設置、境界測量、地積測量図の作成及び登記嘱託という一連の業務を円滑迅速に行うものでありますが、これらの一連業務が分離して業務委託された場合には、業務に対する作業の円滑性は大きく損なわれることになり、作業に対する自然体は失われ、当然ながら無駄が生じることになってくるのであります。したがってこのような一連業務については、可能な限り包括的な業務委託が効率的であると思われるのであります。
 他方、国民の不動産登記制度に寄せるニーズは、自己の財産権確保とその正確性に対する依存度は高まる一方であって、境界に関して争う事例が極めて多くなっている昨今でありますが、公嘱協会が行う公共事業に関する業務の執行に当たっては、ある一面において公共事業を通じて不動産に係る国民の権利の明確化に寄与する責務も担っているところであります。このようなことから、取りも直さず、公共用地の得喪及び用地管理業務に係る筆界調査、測量等の業務執行に当たっては、その専門的能力を結集した集団として、この責務を確実に果たす事こそ、まさに国民に対する使命であって、国民の財産権の確保に係る土地の境界安定につながるための測量結果を地積測量図に最大限に反映させるとともに、表示に関する登記のプロフェッショナルとして公共事業の円滑な推進に寄与する事が必要不可欠であると考えております。


2.道水路調査・測量・登記業務の流れ
  ①現地調査
     ・調査区域の現況及び概況の把握
  ↓
  ②事前打合わせ
     ・概略工程、貸出資料等の有無の確認
  ↓
  ③資料調査
     ・法務局(地図、登記簿、地積測量図等)
     ・市町村その他の官庁(区画整理確定図、公共用地立会記録)
  ↓
  ④諸資料作成
     ・公図合成図及び土地調査表の作成
     ・道水路査定申請書の作成
  ↓
  ⑤打合せ
     ・事前測量現地立入り及び現地境界立会の日程調整
  ↓
  ⑥現地事前調査
     ・関係土地の既設杭、現況境界線の調査、測量
  ↓
  ⑦調査素図の作製
     ・現地事前調査結果の整理(プロット図)
     ・現地既設杭及び地積測量図、公図との整合性の調査(画地調整)
     ・道水路境界の仮確定(道水路管理者との調整)
  ↓
  ⑧仮杭設置
     ・道水路査定境界仮杭設置
     ・公図及び地積測量図と現地が不整合の場合、素図にて仮確定した箇所に
    仮杭設置
  ↓
  ⑨立会い
     ・筆界立会確認書に署名押印
  ↓
  ⑩境界杭設置
     ・筆界点に境界標の設置
  ↓
  ⑪境界測量
     ・立会で確定した筆界点の測量
     ・引照点の設置および測量
  ↓
  ⑫計算・製図
     ・確定測量に基づいての面積計算、成果品等の作成
     ・成果図・・・公図写、境界実測図、境界画定図、参考図等
  ↓
  ⑬境界点間測量
     ・境界点間距離の計算値と現地実測値のチェック(精度管理表)
  ↓
  ⑭成果品まとめ
  ↓
  ⑮
  ↓
  ⑯登記依頼
     ・委任状・代位原因証書・印鑑証明書・地積測量図等
  ↓
  ⑰分筆登記 → 所有権移転登記
  ↓
  ⑱地目変更登記
  ↓
  ⑲完了



3.道路後退用地調査測量業務
 狭あい道水路用地測量業務の内、建築基準法第42条第2項の道路後退に係るものを、特に道路後退用地調査測量業務と呼んでおります。
 道路幅員4.0m未満の公道に接する敷地で建物を建築する場合は、その道路の中心から2m道路後退しなければならないため、道路中心線及び道路後退線を現地に明示する必要があります。
 豊田市においては、建築行為等に係る後退用地に関する指導要綱で、後退用地は、建築主の責任において道路として整備し、維持管理するよう義務付けるとともに、建築主から後退用地の寄付を受けた場合は、市で土地分筆登記・所有権移転登記及び整備を行い、維持管理しております。
 当協会は、豊田市より道路後退の業務発注をいただいておりますが、分筆登記のための、調査測量はもとより、地元区長さんと連絡を取り合い、地主等からの意見・要望の聞き取り、道路工事の概要の説明、後退用地の現状報告書や整備工事の設計に必要な現況平面図と用地計画図等の提出をしております。又必要に応じて、その後の整備工事の際には、工事業者への資料提供や境界杭の明示・復元等も行っております。
 当協会の豊田地区では、道路後退委員会を設置するとともに、毎年1~2回の研修会を実施し、社員個々の資質を高め、今後とも官公署のお役に立てる土地家屋調査士として、市民の期待に一層応えていくことを確約いたします。